医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

エステサロンのレーザー脱毛と病院の医療レーザー脱毛の違いは

エステサロンのレーザー脱毛と医療レーザー脱毛

みなさんは、エステで使用されているレーザー脱毛機と医療レーザー脱毛機の違いをご存知ですか。
どちらもレーザーで脱毛する点は同じですが、レーザーの照射出力に大きな差があります。

照射出力の強さの違いは脱毛効果の違いでもあります。そのため、エステサロンと医療のレーザー脱毛器では、効果が現れるまでの回数に違いが現れます。


エステサロンのレーザー脱毛

エステサロンは医療機関ではありませんから、医療行為を行うことはできません。そのため、施術内容に制限ができてしまい、レーザー出力にも上限が設けられてしまいます。

医療用レーザーに比べて脱毛後は発毛組織の働きが鈍くなるので、しばらくの間、脱毛できているように感じますが、必ず生えてくると考えなければなりません。

特に太くて濃い毛ほど、毛根が深い位置にあるため、強い照射出力でなければ脱毛しきれないことが多く、エステのレーザー脱毛では効果が出にくいことがあります。

メリット

エステのレーザー脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて料金は安く、照射出力が低い分痛みが少ないのが特徴です。

デメリット

脱毛効果を実感できるまで回数がかかることや、医療機関ではないため、トラブルがあった場合の対処に時間がかかる場合があります。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛機は、医療機器ですから、医療機関でしか使用を認められていません。そのため、脱毛機を使用するためには、施術者に正しい知識や技術が求められます。

高いレーザー出力で発毛組織に働きかけるため、毛根に強いダメージを与えることが可能になり、一回の脱毛効果は高いといえます。
また、医師の管理のもとで処置を行いますから、お肌のトラブルが生じた際のアフターケアも万全です。

メリット

短期間で確実な脱毛効果が得られることと、リスク対応が万全であることが特徴です。

デメリット

エステサロンのレーザー脱毛に比べて料金が高く、照射出力が強い分、多少の痛みを伴ってしまう場合があります。



価格、期間、脱毛効果、施術後のケア、安全性…
さまざまなメリット、デメリットを考慮したうえで、あなたならどちらを選びますか。

酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから